歯周病治療 PERIODONTICS

歯周病とは? WHAT IS PERIODONTICS?

歯周病は、口腔内の細菌によって歯を支えている歯ぐきや骨が壊され、最終的には歯が抜けてしまう病気です。自覚症状がないまま進行していくため、静かに進行する病気「サイレントディジーズ」と言われており、症状があらわれたときにはかなり歯周病が進行している状態になっていることが多いのです。また、歯周病菌が心疾患や脳梗塞、糖尿病、早産などの全身疾患を引き起こす要因となっていることも報告されています。

歯周病と全身疾患の関係について
(糖尿病、早産などのリスク)

歯周病の人は、狭心症や心筋梗塞、敗血症や感染性心内膜炎、脳梗塞などの血管障害を発症しやすいことがわかっています。血管障害の原因となるのが、コレステロールなどの脂質が動脈内膜におかゆ状に沈着したことで起こる「アテローム性動脈硬化症」なのですが、この病気が歯周病と深く関連することがわかってきました。

  動脈硬化が起きている部分から、歯周病菌が検出されたという興味深い結果が多数報告されています。糖尿病と歯周病菌はそれぞれの症状に密接に関連しているといわれています。歯周病による歯ぐきからの出血により、血流にのった炎症関連の化学物質が体の中で血糖値を下げるインスリンが効きにくくなります。

そのため「インスリン抵抗性」を起こすため、糖尿病が発症・進行しやすくなるのです。歯周病の治療を行うことにより、血糖コントロールが改善するということが報告されています。また、妊娠中の方は、早産や低体重児出産などのリスクが上がると言われており、さまざまな全身疾患との関連性が取り上げられています。患者さん自身が毎日の歯磨きでプラークコントロールをしっかり行い、歯科医院で定期的なメンテナンスで炎症の原因となっている歯石を取り除くことが重要です。

CHCEK 歯周病チェックリスト

  • CHECK 01 歯がグラグラする
  • CHECK 02 硬いものが噛みにくい
  • CHECK 03 歯磨きや硬いものをかんだ時に
    歯ぐきから血が出る
  • CHECK 04 歯ぐきの腫れや痛みがある
  • CHECK 05 歯ぐきがムズムズするような
    かゆみを感じることがある
  • CHECK 06 歯ぐきから膿が出る
  • CHECK 07 口の中がねばつく
  • CHECK 08 口臭がある

歯周病の治療法について

  • スケーリング

    歯周病の原因となる歯垢や歯石を、専用の機械や器具を使って歯科医師または歯科衛生士が除去していきます。歯石は歯磨きでは落とすことができないため、定期的なクリーニングで除去することをおすすめします。

  • 歯周外科

    進行した歯周病に対して行う外科処置のことを、歯周外科手術といいます。当院では歯周外科治療の基本であるフラップ手術を行っています。歯周病が進行している部位の歯ぐきを切開し、歯周ポケットの奥深くの病巣を直接目で見て確認しながら、根面に付着しているプラーク(歯垢)や歯石を直視下で除去する治療法です。

  • 歯周内科

    一般的な歯周内科治療は抗生物質を使った治療になりますが、当院では「ノーベル医学賞審査本部」が開発した新しい予防歯学である乳酸菌を含んだタブレットを使った「バクテリアセラピー」の治療を行っております。この治療では、天然の乳酸菌を含んだタブレットを1日1回噛まずになめてもらいます。それを30日間続けるだけで、年齢や性別に関係なく、どなたでも安心して受けることができます。歯肉の出血や腫れ、口臭を改善するほか、下痢・便秘の改善・ピロリ菌の除菌・アトピーの改善にも有効です。

  • PMTC

    PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が専門の機械を使い、歯面の清掃を行うことをあらわす「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略語です。PMTCの目的は、患者さまの口腔内を良い状態に保ち、再発の防止を目的としています。セルフケアでは落とすことができない着色や歯石はもちろん、むし歯や歯周病の原因となる細菌の集合体が作り出すバイオフィルムや歯周ポケット内の1~2mmほどのプラーク(歯垢)など、むし歯や歯周病の原因を除去することが可能です。

  • ブラッシング指導

    毎日の歯磨きが正しくできていることが、歯周病予防の第一歩。ブラッシング指導ではお口の中の汚れを染め出し、歯磨きの状態をチェックします。どの部位に磨き残しが多いかなどを確認し、歯科医師や歯科衛生士が歯ブラシの正しい持ち方や当て方をレクチャーしたあと、ご自身で染め出した歯垢がきれいに除去できるまで磨いていただきます。また、患者さまの口腔ケアに必要なデンタルフロスや歯間ブラシなどの補助具の使い方をご説明します。

PDT光線力学療法とは

PDTとは、フォトダイナミックセラピー(Photo Dynamic Therapy)の略で、日本語では光線力学療法という新しい歯周病の治療です。PDTは、体内に光感受性物質(光増感剤)を注入したあとに、標的となる生体組織にある波長の光を照射し、光感受性物質から活性酸素を生じさせることで、感染症などの病巣を治療します。

光によって活性化する薬品(光活性剤)を歯周病ポケット内部に注入し、そこに光を照射することによって、このバイオジェルという薬品が活性化され除菌を行います。PDT治療だけを行う際には、歯1本あたりにかかる所用時間は1分程度で、麻酔を行う必要もありません。当院では、PDTに用いるレーザーに「ペリオウェーブ」を用いています。「ペリオウェーブ」は、患部に当てて歯周病の原因となる細菌を破壊します。熱を発することがなく安全で、病巣のみを治療することが可能な治療法です。

PDT光線力学療法のメリット

  • MERIT 01 歯1本あたり約1分と
    短時間で処置が済む
  • MERIT 02 治療時に痛みがない
  • MERIT 03 妊婦さんなど、
    薬を服用できない方でも使用できる
  • MERIT 04 耐性菌が発生しない
  • MERIT 05 繰り返し処置することできる
  • MERIT 06 副作用が起こりにくい

PDT光線力学療法のデメリット

  • DEMERIT 01 保険適用ではない
  • DEMERIT 02 光感受性発作のある方は治療できない
  • DEMERIT 03 無カタラーゼ症(体内のカタラーゼという酵素が不足し、過酸化水素が分解できなくなる病気)の患者さまは治療を受けられない

PDT光線力学療法の特徴

  • 歯周病治療と併用することで 効果がアップ

    PDT治療は、歯周病治療と併用することで効果が上がります。歯周ポケット内部の感染物質を超音波スケーラーなどでクリーニングしたあとにPDT治療によって取り残した歯周病菌を光殺菌で除去するため、より一層治療効果を発揮できます。

  • 再発しやすい歯周病に有効

    歯周病は歯周病菌による感染症で、お口の中のメンテナンスがしっかりできていないと再発率が高くなる病気です。歯周病の兆候が見えた時に、再度PDT治療を行うことが可能です。

  • 定期健診で 使用すると効果的

    PDT治療を行った場合、歯周病菌の再発を一定期間抑えることができることが特長です。定期健診の際に、歯周病の症状がみられる部位を再度治療することによって、口腔内の安定を維持することができます。

CONTACT お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

tel.0742-51-3113

やまおか歯科は近鉄奈良線の富雄駅、学園前駅の歯医者さん

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら タップで電話がかかります。0742-51-3113 お問い合わせ